プロフィール | 木村義雄(きむらよしお)公式サイト

プロフィール

元厚生労働副大臣

木村 義雄(きむら よしお)

  • 議員歴30年
  • 衆議院議員7期
  • 参議院議員1期
生年月日
1948年04月17日
出身地
香川県
趣味
読書・旅行
座右の銘
道は近きにあり、
しかるにこれを遠きにもとむ
  • 平成14年
    厚生労働副大臣
  • 平成7年
    自民党副幹事長
  • 平成18年
    衆議院災害対策
    特別委員会委員長
   

高齢者の方から子どもまで、
行き届いた政治へ

皆さまのご支援により特に社会保障や労働の分野に長く携わってまいりました。厚生は「生活を厚くする」と書きます。そのための施策は多岐に渡り難しい問題がたくさんありますが、小さな声・届かない声を拾い上げ国政に届け続けてまいりました。そんな私の原点は身内が倒れ病院をたらい回しにされた時に感じた「このままではだめだ、どうにかしなきゃ」です。あの時から私は社会保障制度を整え、少しでも国民の苦労や困難を減らすために政治活動をしております。

私の原動力は苦労している人・困っている人を救いたいと願う思いなのです。世界がこれまで直面したことのない状況だからこそ、ご高齢の方から子供まで行き届いた政治を目指して、さらに経験を積み現場の声を反映できるようにこれからも尽力してまいります。

私が大切にしている7つのこと

01 寄り添います。

辛いときや苦しいときに当事者のお話を伺い、改善の方向へ付き添います。

02拾い上げます。

小さい声や届かない声を拾い上げ、日本の国をより良くすることに繋げます。

03言うべきことを
言います。

官僚のいいなりにならず自分の目や耳で物事の本質を確かめ自分の考えをはっきりと言います。

04戦います。

最後の最後まで戦います。
問題が大きくて壁が厚いと感じるとき、色々な手を考えます。

05壁を乗り越えます。

力づくで壊すのではなく、人々の協力を仰ぎ知恵を使って乗り越えていきます。

06守ります。

私は何をおいても国民の生命と財産、生活を守るのが政治家の使命だと思い、取り組んでいます。

07楽しみます。

仕事を全力で楽しんで取り組みます。
それが、国民の皆様にも、毎日を楽しく明るく過ごしてもらえることに繋がると信じています。

これまでの経歴

  • 昭和47年 中央大学卒業

  • 昭和47年 住友銀行入行

  • 昭和58年 香川県議会議員初当

  • 昭和61年 衆議院議員初当選(以後当選7回)

  • 平成14年 厚生労働副大臣

  • 平成17年 自民党広報本部長

  • 平成17年 自民党外国人労働者等特別委員長

  • 平成18年 自民党障害者福祉委員長

  • 平成19年 自民党財務委員長

  • 平成25年 参議院議員初当選

  •          

    平成27年 永年在籍議員25周年表彰

  • 平成28年~令和元年労働力確保に関する特命委員会委員長
    自由民主党総務
    自由民主党外国人労働者等特別委員会委員長

  • 現在自由民主党認定こども園振興議員連盟名誉会長
    全国栄養士養成施設協会名誉会長
    自由民主党外国人労働者等特別委員会特別相談役

LINE公式アカウント ご登録にて最新情報をお届け!