• プロフィール
  • メールマガジン
  • 講演
  • 政策
  • SNS
  • サポーター登録
この度二階派に所属し、自民党幹事長特別補佐として活動させて頂くことになりました。

今後も皆さまのお役に立てるように尽力させて頂く次第です。

また、特に外国人労働者等特別委員会委員長など最先端で関わって来た経験や、医療や福祉、労働など皆様に直接関わりの深い分野に長く携わって来たことからセミナーや勉強会、講演などのご依頼を頂くことが多くなりました。

皆さまのご期待に応えるべく、3年後を目指し頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • プロフィール
  • メールマガジン
  • 講演
  • 政策
  • SNS
  • サポーター登録

木村義雄(きむらよしお)

議員歴30年
現在:自民党幹事長特別補佐
自民党外国人労働者等特別委員会特別相談役

■主な職歴

・衆議院議員7期・参議院議員1期

・厚生労働副大臣

・厚生労働政務次官

・自民党副幹事長

・衆議院厚生委員長

・自由民主党総務

・自由民主党外国人労働者等特別委員会 委員長

・労働力確保に関する特命委員会 委員長

・自由民主党認定こども園振興議員連盟 会長

・全国栄養士養成施設協会 名誉会長

詳細な経歴はこちら

コロナ禍からの脱却に必要な新年の課題

皆さまこんにちは、
木村義雄です。

2021年は年明け早々の1月8日に
緊急事態宣言が発出され、
まだまだコロナとの戦いは続く見込みです。

しかし、落ち込んでばかりではいられません。
国民の皆さまがしっかりと目標を持ち、
コロナに打ち勝つぞ!という強い気持ちを
お持ちになって、今こそ一致団結して
この困難な状況を乗り越えていきましょう。

今回のメルマガは、コロナに打ち勝つための
新年の課題というテーマで、
私なりの見解と意見をお伝えいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■
見えない敵との戦いは長期戦
医療体制の更なる拡充は必須
■■■■■■■■■■■■■■■

今年の課題はコロナ禍をいかに収束させ、
社会を平常な状態に戻すかです。
このコロナ禍で極端に増幅された
巨大IT企業等との、様々な面での
大きな格差を是正し、
健全な中産階級国家を
作り上げる方向性を示すことです。

また世界に目を向ければ 、
このコロナの発生地であり
コロナで焼け太りした中国に対し
日本含め世界各国々がどのように
向き合うかです。

まずは医療です。
全世界は現在、第三次世界大戦の
最中にあるとも言えます。
第三次世界大戦といっても
今までの第一次世界大戦や
第二次世界大戦と違い
国家と国家の争いではなく、
人類対新種の生物である
COVID−19ウイルスとの
戦いという、全く異次元の世界大戦です。

何しろ人類の敵は目には見えず、
もちろんレーダーにも映らない極微少の生物です。
人類が未来において別の惑星に
たどり着いた時には遭遇するかもしれない
宇宙戦争のような空想物語が現実に
目の前に起こっていると錯覚すらします。

人類の側からも新型のワクチンや
治療薬など、様々な新兵器で
立ち向かおうとしていますが、ウイルス側も
新種の感染力の強い突然変異をしたウイルスで対抗し
人類をますます脅威に追い込んでいます。

一体いつまでこの不毛な大戦が続くのでしょうか。
新しいワクチンも一定の効果は期待されるものの
感染の拡大にはまだまだ充分な効果が
発揮されるとは限らず、ワクチンや治療薬頼みの
為政者(いせいしゃ)達も支持率の低下に悩まされ
追い詰められている感じがしてなりません。

■■■■■■■■■■■■■■■
医療安全保障体制を整え
世界一の医療大国を目指せ
■■■■■■■■■■■■■■■

昔の中国の孫子の兵法でいえば
万策尽きたときには
『三十六計逃げるに如かず』という言葉がありますが、
今回はそのようなわけにはいきません。

むしろ迷ったときは原点に戻れとの格言があるように、
そもそもの原点に帰ることが大事なのではないでしょうか。
という事はまず人間はウイルスに打ち勝つ
免疫力がある健康な体を日頃から
培っておく、真に健康が第一です。

医療提供体制も財政再建を理由に
やみくもに医療費を削減することなく、
防衛と同様 、多少無駄とは思われても
いざという時のために確実な
医療安全保障体制を構築することです。

コロナも言ってみれば症状は肺炎が主です。
ICUやエクモや人工呼吸器などの装備を充実させ、
しっかりとした高度な医療提供体制を作り上げれば、
たとえコロナに感染しても打ち勝つことができます。

そのためには今からでも決して遅くありません。
発想を大胆に転換しこれからの日本の向かう先は
世界一の医療大国とすることです。

今から着実に医療の充実発展に全力を注いでいけば、
次にどんな新種のウイルスが来ようとも
確実に克服できると確信できます。

■■■■■■■■■■■■■■■
医療従事者の確保が命題
そのために必要なこととは?
■■■■■■■■■■■■■■■

この度、政府はコロナ重症患者向けの
病床を新たに確保した病院に対し
1床あたり1950万円を出すと表明しました。
それも必要ですが、目先だけでなく
そのような姿勢を今後も長期に
継続発展させていくことが重要です。

従来からの医療政策としてほとんどの
地域で病床規制が行われています。
病院のベッド数を増加しようと申請しても
当局の認可がおりません。
まして新設の病院は認められません。
 
今回のコロナ禍の状況を鑑み、
・コロナ患者を入院できるような環境整備した病床・病院は 条件なしに新増設を認める、
・既存の一般病床などもコロナなどの感染症対策をしっかりと施した病床に転換整備した場合は必要な規模の補助金を出す。
 
肝心の人材確保に関してはコロナ禍のような
緊急事態に対しエッセンシャルワーカーの確保など
平常時とは違った政策を取る事ができる
法改正や非常時特例を行うといった、

・開業医の病院へのできるだけの動員(医師看護師等の病診連携)
・看護師、准看護師、看護助手等も含め、いざというときの非常時に於いての総動員体制を取れる予備看護師制度等を創設するなど予備役人材の制度的確保
・他職種の医療関係者間での大胆なタスクシフト
・医学生などを含めた非資格者の緊急時における活用
・医療ボランティアの日頃からの養成
などを懸命に取り組むべきだと私は考えています。

■■■■■■■■■■■■■■■
国と企業がしっかりと手を取り合い
強力なタッグを構築すべき
■■■■■■■■■■■■■■■

また、ワクチンや治療薬などの
医薬品や医療機器や衛生材料など
必須物資の完全国内生産、国内開発促進等、
今までの国内事情や医療政策に捉われない
大転換を図るべきです。

この緊急時に あって医薬品の値下げを強行して
メーカーが新薬開発研究費を
削らなければならなくする事態に対し、
財政当局は心底反省すべきです。

更に 以前にこのメルマガでお伝えしたように、
米国では自動車最大手ゼネラルモーターズ(GM)が
国家の指示のもと医療機器メーカーと
ライセンス契約を結び直ちに
自動車の生産ラインから人工呼吸器を
生産出荷しています。

このような措置は医療崩壊を防ぐ意味でも、
今からでも実施するに遅くはありません。
日本政府も臨機応変に取り組むべきです。

高度な技術と 優秀な人材が存在する
わが日本が総力を挙げてコロナ禍に立ち向かい、
健康大国日本を創造し、現在のピンチを
チャンスに変える希望の持てる
年にしていこうではありませんか。
          
——————————–
木村義雄メールマガジン
「木村義雄のちょっとひと言」

発行:木村義雄事務所

木村義雄ホームページ:
https://kimuyoshi.net

Facebook:
https://www.facebook.com/kimurayoshionet/

Twitter:
https://twitter.com/kimurayoshio_

Instagtram
https://www.instagram.com/yoshio_kimura_/

当メールマガジンへのお問い合わせは、
HPのお問い合わせより
ご連絡いただけますと幸いです。

当メルマガのバックナンバーは、
下記URLよりご覧いただけます。
https://submitmail.jp/FrontBacknumbers/index/5675

メールマガジン解除を
ご希望の方はこちら
https://submitmail.jp/FrontReaders/mail_edit/5675/1
———————————