木村よしお 活動予定

※最新の予定は、Twitter 及び Facebook でも配信しております。

いま私の心配事は若い世代のことです。
彼らは国の将来に大きな不安を抱いています。
そして、大事な社会保障の年金や医療保険料が未払いの若い世代が増えています。
これでは大変です。

若者は親の背中を見ています。
我々親の世代が元気で魅力ある生活をしている姿を見て、
「よし俺も(私も)65や70歳までは懸命に働こう、その後は楽しく暮らしていこう」と
若い人たちがそう感じてくれる政策をしっかりと打ち出していこうではありませんか。

衆議院議員 石破茂 自由民主党幹事長
衆議院議員 石破茂 自由民主党幹事長より ご推薦の弁をいただきました
(2013.04.23 木村よしお政策フォーラムにて)

今、安倍政権のもとで自由民主党は自民党のためでもなく一人一人の議員のためでもなく国家国民のために、これからの3年、4年が次世代の日本国の原点にできるかどうか、それはここ3年、4年にかかっていると思います。

昨年(2012年)の12月16日の総選挙では294という議席をいただきました。しかし、実際には小選挙区で我が党が獲得した得票率は43%しかありません。ですが実際には79%の議席をいただいています。これが小選挙区の恐ろしいところです。ここを勘違いしてはいけません。私たちは決して奢ることなく高ぶることなく、支持率が上がれば上がる程私どもは謙虚でなければいけない、丁寧でなければいけないということだと思っております。出来もしないことは決して言わず、決めたことには全員が従う自民党でなければなりません。

当選回数を重ねられ、副大臣まで務められ、そして今の日本の将来のためになくてはならない木村よしお先生であります。先生に戻ってきていただいて、やっていただかなければならないのは、本当に困った人に苦しい人に手当てが十分に行き届く社会保障制度を作っていただきます。これをきちんとやらなければ大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略もできません。そして社会保障制度の再構築がなければ三本の矢は意味を持ちません。木村先生に是非とも帰っていただきたいと思うのはそういう意味があります。私も選挙の責任者といたしまして公認候補が全員当選しなければならないと思っております。公認候補っていうのは自由民主党としてこの人なら間違いないですよと国民の皆さまにお願いするものであります。

どうか7月から先、日本国の為に木村よしお先生がたくさんのご活躍できる場面を与えていただきますようお願い申し上げます。

木村よしおを応援する会
木村 義雄へのネット献金はこちら
自民党|Lib Dems
自民党ネットサポーターズクラブ会員募集中!